2014年06月05日

マツダ期間従業員の事件



また期間工関連の事件見つけた

なんか多いな(笑)

見つけたのは

マツダだ

最近のマツダ車のデザインは個人的に好きだな

長友佑都をcmに起用してるのは

個人的にはアウトだけど(笑)

まあ個人の好き嫌いだからいいけど

じゃあマツダ事件書いときます

マツダ本社工場連続殺傷事件(マツダほんしゃこうじょうれんぞくさっしょうじけん)とは、2010年(平成22年)6月22日に、広島市南区及び安芸郡府中町にあるマツダ本社工場で発生した通り魔事件のことである。この事件で12人が被害に遭い、1人が死亡、11人が重軽傷を負った

なお、以下に書いてある年齢はすべて事件当時の年齢である。

事件の概要
2010年(平成22年)6月22日午前7時35分ごろ、広島市南区仁保沖町のマツダ本社宇品工場の東正門前で、ファミリアS-ワゴンに乗った被疑者が2人をはねた。警備員の制止を振り切って敷地内に進入、周回して5人をはねた。さらに社内橋東洋大橋で猿猴川を越え、800m離れた本社工場にも侵入し4人をはねた。工場内を約10分間、距離は約5km、平均時速約40kmで暴走し、7時45分ごろ、南区大州の北門より逃走した。
被疑者は北門逃走より40分後、北東に4.6kmほど離れた府中町畑賀峠(瀬戸ハイム上)で「わしがやった」と110番通報。駆けつけた警察官が、殺人未遂罪及び包丁を隠し持っていたとして、8時23分に銃砲刀剣類所持等取締法違反の疑いで現行犯逮捕した

工場の始業は午前8時15分であり、事件の起きた時間は丁度、夜勤と日勤の従業員が入れ替わる時間帯であった。

被疑者
現行犯逮捕された被疑者は同市安佐南区上安二丁目に住む42歳の派遣社員の男性で、マツダの元期間従業員だった
マツダによれば、被疑者は2010年(平成22年)3月25日に6ヶ月契約の期間社員として入社、4月1日から同工場でバンパーの製造業務に当たっていたが、14日になって自己都合退職した。被疑者はマツダ工場で同僚から集団ストーカー行為をされたとして、マツダが嫌がらせを止めなかったので、マツダに復讐しようとしたと供述しているが、警察の捜査では嫌がらせの事実は確認できず、被害妄想による思い込みと判断された
犯行現場ではブレーキ痕がほとんど発見されておらず、ファミリアS-ワゴンはフロントガラスが大きく破損し、ボンネットも変形しているという。
また「2008年(平成20年)6月8日の秋葉原通り魔事件のようにしてやろうと思った、マツダの従業員なら誰でもよかった」などと供述している。犯行前には知人に対して「僕は負け組」などと述べるなど精神的に不安定な状態にあったとされる。6月23日に被疑者は殺人未遂と銃刀法違反の疑いで広島地検に送検された。
被疑者は秋葉原事件の年に自己破産している。アパートには4月から干したままの洗濯物などもあり、生活にかなり困窮していたのではないかとされている。

この事件覚えてるかも

あの時は特に印象なかったけど

期間従業員で働こうと思ってからみると

衝撃的な事件だ

単純に

こえー(笑)



posted by HONDA期間従業員 at 00:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。